トラックの図書館

日野のトラック・日野自動車株式会社/国産4大トラックメーカー

      2016/10/03

日野のトラック・日野自動車株式会社
/国産4大トラックメーカー

国産トラックメーカー ロゴ

国産のトラックメーカーは全部で4つございます。
それぞれ特色があり、同じトラックの種類でも
性能や強みなどに差があります。
このページでは日野
スポットを当てて紹介していきます!
日野の特徴は。。。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

日野(日野自動車株式会社)の特徴は

【日野自動車株式会社】
リリーフランキーさんと堤真一さんが
出演しているCM、
「トントン トントン 日野の2トン♪」
でおなじみの日野ですね!

東京都日野市に本社をかまえる、
主にトラッやバスなどの商業用自動車を製造する
国産4大トラックメーカーのひとつです。

日野」「HINO」で呼ばれたり
記されることが多いです。

また、日野は
トヨタ自動車の連結子会社でもあります。
(現在トヨタグループ16社ある中の1社です)

その持ち前の技術力で
ダカール・ラリー」という
世界一 過酷なモータースポーツ競技
と言われる大会にも出場しているほどの
力を持っているため、
世界各国からも一目置かれている会社です!
(画像はこちら

ついこの間も国内のトラックメーカーでは
初めてアルゼンチンに進出して
話題になっていました。

※日野自動車/アルゼンチン進出で小型トラックを輸出!

 

日野の車体の特徴

日野の車体は業界でもトップクラスの
エンジン馬力があることでも知られています。

さらに運送業をしていれば
一番ダメージの大きい「トラックの故障
非常に少ないことから荷主の信頼も厚いです!

親会社がトヨタという点でも
安心のブランド力があり安定しています。

ディーラーも多いので
車検やメンテナンスなどに伺う拠点も多く
都度かかるメンテナンス費用も安いので
運送業者や配達業者から人気があります!

その反面、車体の費用は
高額になる傾向があります。

性能が非常に良く、
壊れない為の技術を注いでいるため、
短期的にはコストがかかるかもしれませんが、
長期的に考えると安いかもしれません。

海外ではインドネシアやタイを中心に
市場を拡大しており、
現在 国内でのシェア率は2位となってます。

国内シェア率2位ではあるものの、
顧客満足度は大型トラック・小型トラックで
ともに1位となっています。
下記参照

※J.D. パワー アジア・パシフィック報道用資料参考

調査では小型トラックに関する総合的な顧客満足度の評価を、4つのファクターに基づいて算出し、それらは影響度順に「アフターサービス」(52%)、「営業対応」(23%)、「商品」(13%)、「コスト」(12%)、となっている(カッコ内は総合的な顧客満足度に対する影響度)。各ファクターにおける合計62の詳細項目に対する顧客の評価をもとに、総合満足度スコアを1,000ポイント満点で算出している。

ブランド別総合満足度ランキングでは、対象となった5ブランドのうち、総合満足度スコア640ポイントで日野が第1位となった。顧客満足度を構成する4つのファクターのうち「アフターサービス」、「営業対応」、「商品」で最も高い評価となった。

また、機能面では
「AIR LOOP(エアーループ)」という
クリーンディーゼルシステムと
「プロシフト」と呼ばれるセミオートマチック
を導入しています。

※日野独自のクリーンディーゼルシステム
「AIR LOOP」とは?

※日野の「プロシフト」のメリット・デメリットは?

 

 

日野の代表的なトラック

小型トラック

デュトロ

デュトロ

 

デュトロについて

機能や特徴

寸法・サイズ

 


 

 

中型トラック

レンジャー

レンジャー

レンジャーについて

機能や特徴

寸法・サイズ

 


 

 

大型トラック

プロフィア

プロフィア

プロフィアについて

機能や特徴

寸法・サイズ

と なっております。


 

日野は
他に4大トラックメーカーの中では
商業用バスの販売も強いです!

ヒノノニトンの印象が強いので
トラックのイメージが先行しますが、
バスもかなりの性能で人気があります。

ダカール・ラリーに出場するぐらいですし
技術的な部分では本当に優秀です。

新型が出るたび楽しみなディーラーです!

以上、ご参考になれば幸いです。

 

 - ディーラー別, 日野