トラックの図書館

三菱ふそうのファイターの特徴/標準寸法や新車価格は?

      2016/06/03

三菱ふそうのファイターの特徴
/標準寸法や新車価格は?

ファイター

三菱ふそうのファイターは
英語で「fighter」と書き記し、
日本語訳は「戦士」や「武人」という
意味があるそうです。
そんなファイターの性能や特徴は。。。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

ファイターの特徴

三菱ふそうのファイターは
英語で「fighter」と書き記し、
日本語訳は「戦士」や「武人」という
意味があるそうです。

1984年に三菱ふそうが販売していた
FKシリーズ」というトラックが
フルモデルチェンジし、
ファイターと名付けられ生まれ変わりました。

三菱ふそうのトラックの中でも
幅広いラインナップを揃えており、
平ボディ・バン・ウイング・ダンプなどは
もちろんのこと、
ベストワンシステム」という
ボディのカラーやシート表皮、
キャブのタイプやヘッドライトの位置など
内装から外装までを自分好みに選択できる
システムがあるのもファイターの特徴です!
(画像はこちら
※三菱ふそうトラック・バス参照

機能面では「INOMAT-Ⅱ」と呼ばれる
三菱ふそうの6速のATが搭載されています。
(オートマチックトランスミッション)

これにより、
自動変速による安全で快適な運転操作で
理想的な省燃費を実現できるので、
初心車やベテラン運転手の
運転技術に左右されない省燃費走行で
運転コストにも貢献できるそうです。

「INOMAT」についてはこちら

さらに、
アイドリングストップ&スタートシステム
全車に導入しているので、
環境面と燃費向上に配慮されています。

安全面にも力を入れており、
ブレーキオーバーライドシステムという
アクセルとブレーキが同時に操作し際には
ブレーキが優先されるという機能が
標準装備化されています。

ファイターのコンセプトである
安全」「経済」「環境」の3つが
性能とトータル面で
バランスの取れた良いトラックとして
ドライバーの間では認知されています!

 

ファイターの寸法

三菱ふそうのファイターには
キャブの大きさや架装するもので
大きく寸法が変わるものがあります。

また、4t・8tから
10tを越えるタイプもあるため
寸法を知りたいようでしたら

種類が多いので別ページにてご紹介します。

ファイターの寸法一覧は
こちら

 

ファイターの新車価格は?

下記の値段は
三菱ふそうによる希望販売価格と
なっております。

ファイター(TKG-FK64F)
→780万8300円

※三菱ふそうトラック・バス参照

こればかりはディーラーの値幅が
販売店によって違いますので、
実際に問い合わせていただいた方が
良いかもしれません。

LIMITEDシリーズというがあり、
ファイターはウイング車として
完成車で販売もされています!
ファイター LIMITED

こちらもチェックしてみると
良いかもしれませんが、
新古車や中古車でも幅があるので
比較してみて検討することが一番です!

三菱ふそうについてはこちら
(国内4大トラックメーカー/三菱ふそう)

_____________________

 

以上、参考になれば幸いです。

 - ディーラー別, 三菱ふそうトラック・バス