トラックの図書館

三菱ふそう(FUSO)スーパーグレートV/特徴や大型10t寸法・新車価格は

      2016/06/21

三菱ふそう(FUSO)スーパーグレートV
/スーパーグレートVの特徴は?
10tの標準寸法・新車価格

スーパーグレード

スーパーグレートは英語で
Super Great」と書き記し、
日本語で訳すと「素晴らしく優れた
という意味に訳すことができます。
そんなスーパーグレートVは。。。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

スーパーグレートVの特徴

スーパーグレートVは、
1996年6月に「グレート」という前車種の
後継車として「スーパーグレート」が誕生し
2015年10月にモデルチェンジをし
新しく「スーパーグレートV」と名前を変え
誕生した大型トラックです。

V」には
第5世代目のスーパーグレードという意味と
燃費やパワー、ひいてはビジネスを
Victory(勝利)」につなげる願いが込められています。

機能面

燃費改善を最大限に引き出す
新型エンジンの「6R10」型エンジンは
国内で初めて採用された
アシンメトリックターボ」という
2つの非対称の排気ガス室が設けられた
独特の構造によって、
高い排気再循環(EGR)性を可能にしました!

6R10型エンジン
6R10型エンジン
また、電子制御で効率的にエンジンを
冷却するシステムを搭載することで、
余分な駆動を低減し、
燃費の向上につなげています。

トランスミッションは「12段INOMAT-II
というセミAT(オートマチック)仕様になり、
ドライバーの運転技術に限らず、
自動変速で快適かつ安全な運転操作を行えます。

環境面では、
排出ガスを綺麗にする尿素SCRシステムの
ブルーテック(BlueTEC)」を
導入しているので、人体に有害な
PM(微粒子状物質)NOx(窒素酸化物)
「AdBlue(アドブルー)」によって低減しています。
ブルーテック(BlueTEC)とは?

さらに、進化前の車種
スーパーグレート」と比較して、
アドブルーの消費量が70%も削減され、
ランニングコストも大きく減りました。

アドブルー消費が大幅に減っても
効果は減らずに低排出ガス車認定車の
基準値もクリアしています

V」の名前から解るように 最大の特徴は、
従来型の大型トラックと比較して
平均して5%最大10%もの
運行コスト(アドブルーの消費も含む)の削減を
実現したハイスペックなトラックです!

※三菱ふそうトラック・バス参照

…………………………………………………..

スーパーグレートVの標準キャブ寸法

標準仕様(ウイング車)

型番:QPG-FU64VZ-FU64VUZ3X

車両寸法
全長・・・1,1980~1,1990mm
全幅・・・2,495mm
全高・・・3,765~3,790mm

荷台内寸法
長さ・・・9,605~9,635mm
幅 ・・・2,405m~2,410m
高さ・・・2,450m~2,470m

※寸法一覧に関してはこちら
10tトラックの最大積載量と寸法一覧/
三菱ふそう「スーパーグレートV」編
~ウィング(箱車)のサイズ~

※三菱ふそうトラック・バス参照

…………………………………………………..

キャンターの新車価格は?

下記の値段は
三菱ふそうによる希望販売価格と
なっております。

新車価格:1,866万円~

機能・性能の向上により、
価格も比例して高くはなりますが、
エコカー減税の対象車で
燃費も大幅な向上がされていますので

「2年間乗れば初期コストの差額は
全車、燃費基準+5%を達成し、
低排出ガス車認定車なので
エコカー減税の対象となる。
お客様には実燃費による燃料コストの削減に
加え、約55万円の減税を受けられる」

「差額は約2年間使っていただければ
十分回収できる」

とスーパーグレートVの商品説明会で発表され
ランニングコストでの優位性が
車体価格に勝るものと期待できます

ただ、ディーラーもお仕事ですので
店舗や担当営業の兼ね合いもあり、
値引されたりもありますが、
実際に問い合わせるか
直接ディーラーに訪問した方が
良いかもしれません。

また、架装(ボデー)をダンプにしたり、
アルミバンや平ボデーの仕様で
値段も当然変わります。

新古車や中古車でも幅があるので
比較してみて検討することが一番です!

※三菱ふそうトラック・バス参照

 - ディーラー別, 三菱ふそうトラック・バス