トラックの図書館

【トヨエース】燃費や特徴は?ダイナとの違い、1t・2tの新車価格は?トヨタのトラック

      2016/06/02

トヨエース
/機能や燃費、特徴は?
ダイナとの違いは?
ダンプやアルミバン寸法も。

トヨエース

日産で大人気の「トヨエース」は
TOYOTAの「ACE(第一人者、最も優れた物
を合体させた造語から命名されました。
そんなトヨエースについて。。。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

トヨエースの機能や燃費・特徴は

機能

機能面では
ディーゼルハイブリッド車を設定しており、
世界NO.1の低燃費で有名な
トヨタが発売している乗用車プリウス」と
同じ方式のパラレル方式と呼ばれる
仕組みを採用しています。

これはエンジンを使わずに
モーターだけで走行できるので、
排気ガスのクリーン化や
騒音を抑ることにつながり、
更には省燃費性能の向上も実現しました!

これによって重量車燃費基準と
排気ガス規制基準をクリアし、
エコカー減税の対象車となっています。

燃費

同じサイズのディーゼルエンジ車よりも
最大50%も実燃費効果があり、
その燃費は2t車では「12.2km/L」、
3t車では「11.6 km/L」となりました!

また、これだけすごい性能なので、
エコカー減税対象の対象になり、
ハイブリット車は自動車取得税と
従量税が免除され、
ディーゼル車は75%の減税となります!

 

特徴

トヨエースは1954年に発売された
意外と歴史の長い小型トラックです。

そこからモデルチェンジを経て
2011年から発売された8代目が現行車です。

ラインナップが豊富で
ディーゼルエンジン車
ディーゼルハイブリッド車
ガソリンエンジン車
LPGエンジン車
の仕様があり、様々な用途で使用できます。

また、生産するにあたり、
7代目からはトヨタの子会社である
国産トラックメーカーの「日野自動車」が
生産している「デュトロ」のOEM供給車
この「トヨエース」な訳です。

なので「デュトロ」と「トヨエース」は
兄弟車ということになります。

※OEMについての詳細はこちら

 

トヨエースとダイナとの違い

トヨタが販売する
小型トラックの車種「ダイナ」は
トヨエース」と双子みたいに似ていると
よく言われていますが・・・

実は双子です。笑

上記で記載した「デュトロ」と同じ関係性で、
OEM供給車として「日野自動車」が
「ダイナ」を製造して
トヨタで販売しているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【生みの親】日野自動車
【子供】トヨエース・ダイナ・デュトロ

→【養子でトヨタに】トヨエース・ダイナ
=販売会社
【トヨタ店】ダイナ
【トヨペット店】トヨエース
【日野自動車】デュトロ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

的な関係になっています。

ですので、
デュトロ・ダイナ・トヨエース
この3台はあまり機能の差はありません。

(※デュトロについてはこちら)

 

新車価格は?

1tシリーズ
(1~1.5t)
標準キャブ
新車価格:2,808,000円~(税込価格

2tシリーズ
(2~4.7t)
標準キャブ
新車価格:4,685,237~(税込価格

2tシリーズ
(2~4.7t)
ワイドキャブ
新車価格:5,086,800~(税込価格

※トヨタ自動車株式会社 参照

燃料の種類によって
もちろん価格差はありますが、
一部の声ですと ハイブリッド車の
価格差があっても4~5年で
差額分は回収できるとの声もあります。

ただ、ディーラーの地域や
担当営業者によっても価格差は
あるかと思いますので
直接訪問するかお問い合わせ頂く方が
良いかと思われます。

以上、
ご参考になれば幸いです。

 - ダンプ, ディーラー別, トヨタ, 寸法・サイズ