トラックの図書館

リコール情報/三菱ふそう:スーパーグレートが走行不能になる可能性が…/2016年10月20日

   

リコール情報/三菱ふそう:スーパーグレートが
走行不能になる可能性が…/
(2016年10月20日の情報)

スーパーグレード

最新リコール情報です。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

三菱ふそうトラック・バスは
2016年10月20日、
リコールの届けを国土交通省に提出しました。

不具合のあった部位(部品名)は
■動力伝達装置(ディファレンシャルギア)
となります。

リコール対象台数は【計 315台】

後2軸式の大型トラクターが対象です。

性能の状況とその原因

三菱ふそうトラック・バスの通達によると、

後2軸の大型トラクターにおいて、ディファレンシャルのリングギアを固定する際のボルト締付機のソケット形状が不適切なため、締付トルクが不足しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ボルトが緩み、最悪の場合、ボルトが抜け、ディファレンシャルが破損して走行不能となるおそれがある。

との内容です。

これに対しての改善措置は、対象車は
全車両、リングギアの固定ボルトを
規定のトルクで締付けるとのことです。

なお、リコールの開始日は
2016年10月21日からとなっています。

 

三菱ふそうトラック・バスが発表した
2016年(平成28年)のスーパーグレートの
リコール回数は

4回目

となっています。


 

以上、

ご参考になれば幸いです。

経験や経歴を気にしなくてOK!+若者正社員チャレンジ事業

トラックの超高額買取りなら【トラック買取.com】



.

 

 - リコール, 三菱ふそうトラック・バス