トラックの図書館

10km以下の死亡事故が乗用車の6倍!本当に恐いトラックの事故原因ランキング

      2017/02/28

10km以下の死亡事故が乗用車の6倍
本当に恐いトラックの事故の現状と
事故原因のランキング

トラック事故

近年は減ってきているが
事故が起こると残念ながら大きなニュースで
取り上げられるのがトラック事故です。
今回はその原因についてランキングと…

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

トラックの交通事故と事故状況

全日本トラック協会が
事業用貨物自動車についての事故の統計
というレポートを定期的に発行しています。

どういったものかというと
前年度の全国の交通事故の統計データから
事業用貨物自動車 (軽自動車は除きます)
対象とした交通事故の傾向を
分析したものをまとめています。

これの統計をもとに確認すると
いろいろなことがわかります。

 

トラック(事業用貨物自動車)の
事故原因ランキング

過去10年間 (平成17年~26年) の
データをもとに、
上位5項目を算出しています。

 

第1位:追突事故 ・・・ 約48.8%

停止もしくは前進している車両の
後部に衝突する事故です。

 

第2位:出会い頭の衝突 ・・・ 約12.6%

主に交差点などで、
異なった方向から侵入してきた車両が
交差する際に衝突した事故です。
こちらは自転車や対人も含みます。

 

第3位:人対車両 ・・・ 約6.8%

車両に乗っていない人、
歩行者などの人に接触した場合の事故

 

第4位:右折時衝突 ・・・ 約5.9%

右折時に衝突した事故

 

第5位:左折時衝突 ・・・ 約5.8%

左折時に衝突した事故

右折時衝突

 

出会い頭や右折・左折などの
交差点に関する事故を合わせても
追突事故の約半数にしかなりません。

ちなみに交通事故全体で見た
追突事故の過去10年間の割合は
約38.1%となり、
事業用貨物自動車と比較すると
10.7%も追突事故件数の割合が多いです。

この結果を見ると
いかに追突事故が多いかが わりますね!

 

トラック(事業用貨物自動車)
の事故分類とその割合

さらに全体的なトラックの事故は
平成26年度のデータを見てみると
交通事故件数は【17,801件】発生しました。

その事故の種類を、

車両相互事故
単独事故
人対事故

の3つに分類した場合、

事業用貨物自動車の事故原因の割合は、

■車両相互事故 ・・・ 16,460件(92.5%
■単独事故 ・・・ 211件(1.2%)
■人体事故 ・・・ 1,129件(6.3%)

という結果になり、
車両相互事故がほとんどの状態です。

このデータは平成26年度のものですが、
過去10年を振り返ってみても
事故件数そのものはかなり減りますが、
これらの構成比はほとんど変わりません。

事業用貨物自動車ではなく
普通の乗用車の車両相互事故の割合は
過去10年間で約86%なので、
比べると6.5%も多い計算になります。

 

トラック (事業用貨物自動車)
が死亡事故を起こしたときの
速度状況

別の角度から調べてみると、
トラックの起こす事故は
時速10キロ以下で発生することが
最も多い状況でした。

トラックの速度事故率

また、交通事故全体とトラックの
時速10キロ以下で発生した死亡事故の
割合を比較すると

交通事故全体の時速10キロ以下の死亡率
・・・ 0.1%

トラック (事業用貨物自動車) の
時速10キロ以下の死亡率
・・・ 0.6%

と【6倍】の結果になります。
※画像はこちら

見た目通りといかなんというか…
あのゴツい車体に時速10キロでも
轢かれたら大変なことは想像できますね。

事故の原因って
本当にそれだけ?

トラックの事故のランキングですが、
「事故」という事実はありますが、
それよりもっと深堀ると
また別の原因はあるわけですね。

結論から言えば、
ドライバーの身体の健康状態」にも関わります。

長距離~短距離までさまざまではありますが、
やはり「過労」や「寝不足」などによる
身体的な影響や、ぼぉーとするといった症状も
安全運転を脅かすことに関わる重要な部分です。

トラックのドライバーに限らず、
日常的に乗用車を運転する人たちにも
言えることではありますが、

意外と「疲れたら休む」ということが
できていないことがあります。

■休む時間なんてない!
■荷物を待っているお客様がいるから…
■休んでたら給料が減る

といった最もな意見は多い思います。

運送会社にとっても、
依頼主(荷主)にとっても、
安全に荷物を運べずに事故を起こされることが
一番のリスクなのです。

運送会社は、この 「たった一件の事故」で
依頼主(荷主)の信用を失い、
依頼されるはずの仕事の激減や、
損害賠償金の支払いなどで会社ごと潰れる、

なんてことは めずらしくない話です。

また、依頼主(荷主)に関しても、
運んでいたものが高額なものであれば、
それらをパーにしてしまう可能性もあり、

経営上、かなりのダメージになることもあります。

これらは時速10キロでは
あまり起こらない損害かもしれませんが、
最悪の事態に備えることは大事です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドライバーの皆様は
「時速10キロだし」と甘く考えず
最新の注意を払って運転するように
こころがけてください!

以上、
参考になれば幸いです。

 

 - トピックス, 事故, 豆知識・お役立ち情報