トラックの図書館

【キャブの種類について】フルキャブ・ショートキャブ・ダブルキャブ/キャブ内には寝室も!

      2017/03/14

キャブの種類について
種類別にわかりやすく解説します!
それぞれのメリットは?
そもそもキャブって?

キャブバリエーション

ドライバーが快適に運転する空間のキャブ。
その種類によってはトラックの用途に関わるので
選ぶ点では重要なポイントです。
キャブとは。。。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

そもそもキャブってなに?

キャブとはキャビンとも呼ばれ
英語では「Cabin」と書き記し、
日本語にするとコックピットなどを示します。
運転席や助手席・操縦設備などがある空間に
あたる部分(客室)をトラック業界では
キャブやキャビンと呼んでいます

キャブ付きシャシーとかは良く言われますよね。

そのキャビンは種類によって
形や広さ、設備などそれぞれ変わってきます。

最も一般的なものが標準キャブですが、
ショートキャブ<側面>
フルキャブ<側面>
ダブルキャブ<側面>
ハイキャブ(ハイルーフキャブ)<高さ>
ワイドキャブ<幅>
など様々な種類が存在します。

今回はトラックの<側面>に対しての
違いを解説していきます。

キャブの種類

フルキャブ

キャビン内部は運転席と助手席の後ろに
ベッド(寝るスペース)が確保されている
タイプになります。
トラックを横から見たときに
キャビンの側面がベッドスペースの分、
通常より長いのが特徴です。
(画像はこちら)長さ
(画像はこちら)ベッド

メリット

ドライバーのストレス軽減
より安全に運転できる環境
ドライバーが安全に運転できるよう
睡眠で疲れをとる空間がある。
長距離の仕事に向いている
しっかり身体を休ませられるので
運転へのストレスを軽減できる。

デメリット

作業効率が下がる
ベッドスペースの分の荷物を積み込む
スペースが無くなってしまうので、
その分の作業効率が低下する。

 

ショートキャブ

フルキャブのようにベッドスペースは無く、
通常の設備と言えます。
トラック側面から見ると、
フルキャブより その分キャブが短いです。
ここではショートキャブと呼んでいますが、
標準キャブと説明されているところも多く
ディーラーなどラインナップ上では
「フルキャブと標準キャブ どちらですか?」
みたいな言い方をされると思います。
(画像はこちら)長さ
(画像はこちら)キャブ内部

メリット

作業効率が良い
ベッドスペースが無いので、
その分の荷物を積み込むスペースを
多く確保できるのが特徴です。
より多くの荷物を積み込めるので
作業効率が良いと言えます。
(同じ車種ならフルキャブより積載量が上がる)
短・中距離の仕事に向いている
宅急便とかはこのキャブタイプです。
短・中距離で何度もエンジンを止めて
荷下ろしをするような仕事には向いています。

デメリット

長距離運転には不向き
個人差はありますが、
ゆっくり身体を休める環境がないので
長距離の配送には向かないと思われます。

 

ダブルキャブ

一般的なトラックは2~3人乗りが主流ですが、
ダブルキャブタイプのトラックは
5人程度乗ることができます。
2列のシートで4ドアタイプになっており、
見た目は通常のトラックよりゴツいですね!
(画像はこちら)見た目
(画像はこちら

メリット

人員の運搬と荷物の輸送が両方できる!
現場での作業人数が必要かつ材料も運ぶ現場に
一度で運ぶことができるので
マルチな性能があるといえます!

デメリット

積める荷物が減る
シーtが2列になる分、荷台部分が狭くなるため
積載量が物理的に少なくなってしまう。
人数を取るか積載量をとるか
という感じでしょうか。。。

 

トラックに寝室があるのが
意外と知られていない事実…

Print

トラックドライバーでも
短距離ドライバーや日にちをまたぐことのない
ドライバーも意外と知られていません。

子供のころにキャンピングカーに憧れるのと
同じ気持ちになれるワクワク感が
長距離用のトラックのルーフには
詰まっているのです!!

ロマンですね(笑)

ミニチュアのカプセルホテルを積んで
走っているようなものですが、
寝室のあるトラックドライバーの声は

雨が降っているとうるさい

室温調節が設備が整っていないと厳しいときが…(;´・ω・)

といった声もあるようです。

なんとかトラックのメーカーさんのお力で
もう少しだけ快適に過ごせるよう
ドライバーさんの疲れを取れる空間を
作っていただけると幸いです。

でも、寝転がれる環境があることは
少しでも 体力回復にもつながるので、
寝室を造ろうと考案してくれた人には感謝ですね。

ただ、北海道や東北での
冬の車中泊はかなり厳しいので
防寒万全の寝袋なんかを用意するそうです(><)

>【送料無料】-32度まで耐えられるオールシーズン対応の洗える寝袋

価格:9,800円
(2017/3/14 18:57時点)
感想(271件)

その他のキャブタイプはこちら
※ワイドキャブ・ハイルーフキャブ(ハイキャブ)




以上、

ご参考になれば幸いです。

※各トラックメーカー参照
いすゞ自動車
日野自動車
三菱ふそうトラック・バス
UDトラックス

★関連記事★
この記事を読んだ人はこんな記事も!

トラックの「高床」「全低床」「低床」とは/それぞれのメリットや特徴・ボデー

世の中が便利になるとガソリンスタンドが減っていく/逆にセルフスタンドは増加していく傾向に!

 - 専門用語, 豆知識・お役立ち情報