トラックの図書館

散水車(撒水車)種類や特徴、必要免許や資格は

      2016/05/31

散水車(撒水車)の種類や特徴/
必要免許や資格は?

散水車png版

散水車はあまり皆様は
馴染みがないかもしれません。
撒水車(さっすいしゃ)とも呼ばれていて、
見た目はタンクローリーに似ている
外見をしていますが、その特徴は…

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

散水車(撒水車)の特徴

散水車は水を入れる
大きなタンクを背負っており
見た目はタンクローリーと似ています。

主に
路面の清掃
道路に植えられている
街路樹の保守(緑化の為の散水)
トンネルの清掃
凍結防止の為の散水
などの役割を担っています。

事故のあとで路面が汚れてしまえば
清掃に出陣しています。

高速道路の脇にある植物に
水を与えているのは
散水車だったということは
意外とあまり知られていません。

また、ネクスコ東日本では
東北はもちろんのこと北海道まで駆けつけ
路面に凍結防止剤を散布する
作業をしているのもこの散水車なんですね!

事故を減らす為の欠かせない仕事で
日夜先回りして皆様の安全を守っています。

その他には
工事現場での砂埃防止をするために
使用されていることもありましたが、
最近では道路が舗装され、
綺麗になってきているので
この為に使用頻度は少なくなってきています。

最近では温暖化での気温の上昇があるため、
打ち水目的で散水車が
使用されることもあります。

散水車の多くは2t、4tが主流で、
2000~4000リットルの水を積載できます。

希に 8tや 10tの散水車もあるようですが
レアですね。

 

散水車(撒水車)の種類

散水車には2種類あり、
下から放水するタイプのモノ
(画像はこちら)(画像はこちら

ホースがついていて
ホースでも放水できるタイプのもの
(画像はこちら)(画像はこちら

 

散水車(撒水車)の必要免許

見た目がごついので特殊な免許が
必要そうに見えますが散水車は普通免許、
もしくはトラックの免許のみで
運転が可能な車です。

タンクの大きさによって違いますが、
現行の普通免許旧普通免許
内容が変わります。

旧免許の場合、
(2007年6月1日以前に
普通免許を取得した場合)

○タンク容量
2,000L→旧普通免許(8t限定免許)
3,000L→旧普通免許(8t限定免許)
4,000L→旧普通免許(8t限定免許)
8,000L→旧大型免許
10,000L→旧大型免許

現行普通免許

○タンク容量
2,000L→普通免許
3,000L→普通免許
4,000L→中型免許
8,000L→大型免許
10,000L→大型免許

となっています。

4000リットルの散水車を運転するときのみ
内容が変わると思えば解りやすいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、ご参考になれば幸いです。

 - 散水車, 車種別